70歳以上になったとき

70〜74歳

70〜74歳の人は「高齢受給者」といい、医療機関窓口で支払う自己負担の割合が2割(ただし平成26年3月までに70歳に到達した人は1割)、現役並み所得者は3割となります。

該当者には、健康保険組合より「高齢受給者証」を交付しますので、医療機関に受診する際は、保険証とともに「高齢受給者証」を提示してください。(本人からの申請の必要はありません。)

「現役並み所得者」とは、標準報酬月額28万円以上の方とその被扶養者をいいます。

75歳以上

75歳(一定の障害がある場合は65歳)以上の人は、健康保険組合の被保険者・被扶養者から除かれ、すべて「後期高齢者医療制度」に加入することになります。(被扶養者にはなれません。)割合は1割(現役並み所得者は3割)となります。該当者には、市区町村および健康保険組合より手続きのご案内があります。

「現役並み所得者」とは、同じ世帯の被保険者の課税所得が145万円以上の人をいいます。