事前の同意

事前の同意をいただく事項

以下の場合には、健康保険組合及び事業主の事務負担が膨大になるのを防ぐため、加入者個人の個別同意をいただかないで実行することをご了解ください。

  1. 高額療養費給付金を本人の申請に基づかず事業主経由で自動的に支給すること。
  2. 健康保険組合が行う各種付加給付金を本人の申請に基づかず事業主経由で自動的に支給すること。
  3. 医療費通知を被保険者及び被扶養者を含めた家族(世帯)単位で行うこと。
    なお、給付金明細と医療費通知を一体化して、家族(世帯)単位で行うこと。
  4. 健康保険組合では、労働安全衛生法に定められた事業主の責務として行う法定健診と被保険者の健康の保持・増進のための法定外健診を、事業主からの委託に基づく共同事業として実施しています。
    その健診結果は、個人情報取扱責任者の管理のもとで健康保険組合が取り扱いを行い、被保険者の健康指導のために利用します。なお、必要に応じ各事業所の労務担当者に内容をお知らせします。
  5. 健康保険組合連合会との共同事業として実施されている「高額医療給付に関する交付金交付事業」の申請の為に診療報酬明細書(レセプト)のコピーと患者氏名・性別・本人家族別、入院外来別、診療年月、請求金額を記載した書類が健保連及びその業務処理委託先に提出されます。

以上について疑義のある人は健康保険組合までお申し出ください。