安全管理対策

東急百貨店健康保険組合で実行する安全管理対策

健康保険組合では、個人情報保護管理規程を定め、個人情報取扱責任者を任命し、個人情報の保護に万全を期します。

  1. パソコン等のセキュリティー対策を高め、ID/パスワード等のアクセス管理、アクセス記録の保存等の管理措置を定めます。また、不要データの廃棄・消去を最も安全な方法で行います。
  2. 紙資料上の個人データの物理的管理を徹底します。また、その廃棄などについて最も安全であり、 確認できる方法で行います。
  3. 個人情報を取扱う人的管理として、採用時契約における守秘義務、退職後の秘密保持継続等の規程を整備します。加えて、役職員に対する継続的な教育・研修を実施して個人情報保護の認識高揚を図ります。
  4. 個人情報を保護する物理的安全管理措置として健康保険組合事務所の入退室管理、施錠、事務ロッカーの施錠、事務机の整理等細部にいたる点検を行います。
  5. 個人情報取扱責任者のもとに組織、体制を整備して個人情報保護を継続して徹底することを図ります。また、万が一個人情報漏洩時の対処法等も整備して、被害の拡大を防ぎます。

以上について疑義のある人は健康保険組合までお申し出ください。

苦情・要求

個人情報保護について苦情・疑義のある場合は、健康保険組合に申し出てください。

お問い合わせ先:東急百貨店健康保険組合
  • TEL:03-3477-3206 (9:10~17:40 日曜定休)