「ジェネリック医薬品」の正しい知識

ジェネリック医薬品とは?

新薬の特許期間終了後、同じ有効成分で製造される「ジェネリック医薬品」

新薬が膨大な期間・費用をかけて開発されるのに対して、ジェネリック医薬品は研究開発期間が3〜5年、開発費も格段に少なくてすみます。そのため、新薬と同等の有効性や安全性をもちながら、価格は平均すると約半分に抑えることができるといわれています。

高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの慢性疾患では、薬の服用は長期間に及びます。そうした患者さんにとっては、ジェネリック医薬品の存在はとても大きいといえます。

ジェネリック医薬品はこんなにお得!

「ジェネリック医薬品」は家計にやさしい!

新薬が膨大な期間・費用をかけて開発されるのに対して、ジェネリック医薬品は研究開発期間が3〜5年、開発費も格段に少なくてすみます。そのため、新薬と同等の有効性や安全性をもちながら、価格は平均すると約半分に抑えることができるといわれています。

高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの慢性疾患では、薬の服用は長期間に及びます。そうした患者さんにとっては、ジェネリック医薬品の存在はとても大きいといえます。

ジェネリック医薬品を利用するには?

処方箋の「変更不可」に医師の署名がなければ患者さんが「ジェネリック医薬品」を選択可能

このように患者さんの経済的な負担を軽減できるジェネリック医薬品ですが、現在治療中で、ジェネリック医薬品に変更されていない場合は、一度医師に尋ねてみましょう。なかには、そうしたことを医師に聞きにくいという方もいるかもしれません。そうした場合に役に立つのが「お願いカード」です。病院などの医療機関に受診する際や薬局で処方してもらうときに、健康保険証や診察券、処方箋と一緒に「お願いカード」を提示すれば、ジェネリック医薬品を処方してほしいという意思表示になります。

また、ジェネリック医薬品を上手に利用するには、自分の病気のことをわかってくれている「かかりつけ薬局」をもつことが大切です。そのためには、患者さんが自分の意志で薬局を選ぶことができる「院外処方箋」をもらうことも重要です。


「ジェネリック医薬品お願いカード」は、下のリンクをクリックして印刷できます。

ジェネリック医薬品を多く常備する薬局を探すには?

日本ジェネリック医薬品学会では、積極的にジェネリック医薬品を取り入れていたり、患者さんからのジェネリック医薬品に関する相談に積極的に応じている薬局に、「ジェネリック医薬品推奨マーク」を配布しています。

ジェネリック医薬品への積極的な取り組みと同時に、300種類以上のジェネリック医薬品を備蓄している薬局には「Goldマーク」を、患者さんからのジェネリック医薬品への変更依頼や相談に積極的に応じている薬局や病院は「Silverマーク」を配布しています。

ジェネリック医薬品に関する相談や変更ができる「かかりつけ薬局」を探すときは、これらのマークが表示されているかどうかを目印にするとよいでしょう。


ジェネリック医薬品、ジェネリック医薬品を取り扱っている薬局が検索できます。